ピアノ・礼法参観

 

礼法保育とピアノ教室の参観を行いました。これまで取り組んできた成果を保護者の方に披露するとても大切な日です。この日を楽しみにしていた子ども達は、指折り数えながら当日を待ち望んでいました。

 

「みなさん、今日は参観です。目をつぶって想像してみてください。お母さんやお父さん達がみなさんを見ています。さぁ、どんな反応をしてくれていますか?」と聞いてみました。「あぁ~かっこいいって言ってる」「おいしいお抹茶を飲んでる」「にこにこしてる」「完璧って言われた」と、成功するイメージがしっかりと見えているようでした。

 

・礼法参観

障子を開けると、静まり返ったお部屋の雰囲気と保護者の方々からの注目に、一気に緊張感が高まった様子でした。緊張していても「お友達と息を揃えること」「ゆっくり丁寧にやること」を十分に意識しながら成果を披露することができました。

失敗してもその場で考え、何とか終えることができました。これまで真剣に取り組んできた賜物ですね。そんな姿に保護者の方々も感動し、中には涙する方もいらっしゃいました。本当に立派でした。

 

・ピアノ参観

年長さんに進級してからの一年間で、音符やそのリズム、指番号などピアノ演奏の基礎を学んできました。初めはぎこちなかった両手での演奏もすっかり慣れ、本番当日も自信を持って発表できたようです。礼法参観の静かな雰囲気とは反対に、元気に歌ったり、手遊びをして笑い合ったりしながら終始賑やかな参観となりました。

「音を楽しむ」のが音楽です。演奏、歌唱、手遊びと様々な角度から、その醍醐味を味わうことができたようです。

 

保護者の方が帰った後に子ども達と参観を振り返りました。緊張した中でもしっかりと発表できた上に、保護者の方からもイメージしていた通りにたくさん褒めてもらえました。

「今日の参観はどうでしたか?上手くいきましたか?」

「できた!…けど、うーん…」と何とも歯切れの悪い返事。

よく聞いてみると、「弾くところを間違えた」「礼法で座り方を間違えた」と緊張から失敗し、納得のいっていない所がそれぞれの中であったようです。

このクラスの子ども達はとても器用で活発で、いつでも自信満々なタイプでした。これまでの行事でもできていなくても「できたー!!!」「もう100点、いや1000万点!」と言っていたので、この反応は非常に驚きました。

いつも間違えることなく簡単にできている事でも、失敗してしまうことなどこの先の人生で数えきれない程あります。失敗を認め、そこからどう対処するか?それが大切です。本当に良い経験ができましたね。また一つ小学生に向けて、大きな一歩を踏み出せたように思います。

«

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近の投稿