豆まき

    2月3日は節分ということで、全園児で豆まきを行いました。

    朝から「鬼が来るんだよね…」と緊張していたり、「簡単に倒せるよ!」と勝利宣言をしていたり、様々な様子が見られました。さて、実際はどうなったのでしょうか。

    集会には素敵なお面と升を持って集合してくれました。

    集合するなり、そわそわしながら鬼の居場所を探します。

    「あれ?○○先生がいる。」鬼は先生がやっていると予想していたようでした。当てが外れてしまいましたね。

     

    いよいよ鬼の登場です。

    「鬼は外、福は内」の掛け声を忘れてしまっている子が多くいましたが、「いけ!」「くらえ!」などとそれぞれの思う言葉で鬼と対峙していました。今年は捕まってしまった先生を見捨てる事もなく、勇敢に立ち向かってくれました。嬉しかったです。

    鬼も負けじと粘りましたが、子ども達のパワーには勝てず、退散していきました。怖がりながらも、本当によく頑張りましたね。

    この日に向けて、年少・年中さんは鬼を倒す方法をたくさん考えたり、お面やお飾りに意味を込めたりしながら準備をしてきました。

    年長さんは、自分の内面と向き合う時間をとり、生活を見直すきっかけとしてきました。

    豆まきと一口に言っても、臨む姿勢は学年によって様々です。日本の伝統行事をそれぞれの学年に応じた形で関り、十分に楽しむことができました。

    それぞれが真剣に臨み、鬼を追い払うことに成功した皆さんです。また一年間、心身ともに健康で、楽しく過ごせることでしょう。

     

    ご協力いただきました保護者の方にも大変感謝しています。

    誠にありがとうございました。

    防犯教室 まもる号

    今日は栃木県防犯協会の方々に来ていただいて、

    誘拐防止についてのお話しを聞きました。

    まずは誘拐とはどんなことなのか、という映像を見ました。

    子ども達は真剣な表情で見ていました。

    その後は誘拐されないためにどうすれば良いかの実践です。

    まずは体を丸めて石になる練習です。

    こうすると運ばれにくくなります。

    そして「助けて!!!」と叫ぶこと。

    「キャー!」だと、遊んでいると勘違いしてしまう事もあるので、

    「助けて!」と叫びます。

    そしてゆり組さんとお約束の確認をしていると突然しらないおじさんが!

    おもちゃやお菓子で子ども達を誘いましたが、

    「いらない」「いかない」「助けて!」としっかり

    自分の身を守ることができました。

     

    お約束をしっかり頭にいれて今日はおしまいです。

     

    教室に戻ってから「ニュースでこんなの聞いた」

    「ママが言ってた」と、お話の内容をきちんと理解しているお友達もいました。

    ご家庭でも、何かあったときの対処法やお出掛けをする際の

    お約束をお話ししてみて下さい。

    年長ゆり組さんは4月から小学校に進学します。自分達で歩いて行くことになるので、

    今日の約束をしっかり覚えておいて欲しいです。

     

  • 1/0
  • アーカイブ

  • カレンダー

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • 最近の投稿