ホームカミングパーティー

    令和2年度の卒園児を迎えてホームカミングパーティーを行いました。

     

    卒園してから早くも一年が経ち、体も心も大きく成長して帰って来てくれました。子ども達は久々のお友達との再会に歓声を上げながら、小学校トークを楽しんでいました。

    インタビューでは「えー…」と様子をうかがいながらも、照れくさそうに答えてくれました。小学校では勉強も運動も楽しく取り組めているようです。

     

    ゲームコーナーでは幼稚園生時代によく遊んでいた遊びに加え、もう一つのゲームを子ども達に話し合って決めてもらうことにしました。こちらが手助けをしなくとも賛成と反対に分かれたり、多数決を取ったりして一つに絞り込むことができていました。さすがは小学生です!

     

    ゲームは盛り上がりを見せ、子ども達もようやく本調子になってきた所でパーティーは終了を迎えました。

      

    ホームカミングパーティーは今回が初の試みでしたが、「まだまだ遊びたい!」と言ってもらえるほどに満足してもらう事が出来ました。一年ぶりに子ども達と再会し、近況を知ることができただけでなく、成長ぶりや小学校で過ごす姿も垣間見ることができ、職員である私達にとっても貴重な時間となりました。卒園してからも、この様な繋がりを大切にしていきたいと思いました。皆さんには、またいつでも遊びに来てもらいたいものです。

     

    お別れ会

    今日はゆり組さんが主役です。たんぽぽ組、うめ組、つくし組が拍手で迎える中、一人一人個性あふれるポーズで登場してくれました。
    最初に自分のチームの名前を決めます。ゆり組さんが率先して小さいクラスのお友達と話合い意見をまとめて、「ウルトラチーム」,「剣ジェットチーム」、「忍者チーム」、「牛丼マッチョチーム」に決定、4チームでの対戦です。どこのチームも勝ちたい気持ちが強く、初めてのゲームでもルールやお約束を聞き逃さないよう先生たちのお話を真剣に聞いていました。

    個人戦の宝探しゲーム、お友達と協力し合っての借り物競争、自分で考えたり、お友達と相談したりしながらの選択クイズ、チーム一丸となって力を合わせての綱引きをしました。

     

     

    お昼はクラスごとに希望の場所で頂きました。たんぽぽ組、うめ組はお外でピクニック気分で頂きました。コロナ禍の中、感染予防のために集団で食べる事の出来ない子どもたちは「お外でみんなで食べると美味しいね。楽しいね。」と笑顔を見せてくれました。

     

    最後はゆり組さんのために作ったプレゼントを渡しました。どのクラスも前々から誰に作って渡したいかを決めコツコツと作り上げてきたプレゼントです。感謝の気持ちと共にプレゼントを渡しました。とても喜んでくれたゆり組さんの姿に少し照れた表情を見せていました。誰かのために一生懸命作って感謝してもらえる貴重な経験ができましたね。

    どのゲームでも、年長ゆり組さんが小さいクラスのお友達の手を取り、優しく援助する姿がありました。その様子を見て、自分たちも役に立ちたいと頑張り進級を意識した年中たんぽぽ組さん。自分のチームを一生懸命応援しながら一生懸命お兄さんお姉さんに付いて行った年少うめ組さん。どの子も最後まで楽しくゲームに参加していました。

     

    4月からは新しいスタートが始まります。それぞれの目標に向かって頑張っていって欲しいと願っています。

  • アーカイブ

  • カレンダー

    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近の投稿